盗聴されにくいのでオススメ

ETCが普及し、高速道路の料金所の混雑がかなり緩和されるようになりました。
料金所のゲートに設置されたアンテナとETC車載器との通信によって、自動的に通行料金が決済されるシステムとなっています。
そういった利便性が評価されて、昨今では、標準で搭載している車も増えてきたほどです。
このETC車載機は、アンテナ一体型とアンテナ分離型とに分かれています。
取り付けの簡単さは、一体型のほうです。
ただ、一体型はダッシュボードにすぐにわかる形で設置されますので、盗難の恐れも少なからずあります。


片や、アンテナ分離型ですと、アンテナと車載機が分かれています。
ですから、車載器を好きなところに設置できます。
また、車上荒らしにあいにくく、見栄えも損なうことがありません。
取り付けの作業は、自分でもできなくはありませんが、なるべく、親しいディーラーや修理工場に頼んで取り付けを依頼するほうが安全です。
エキスパートに取り付けてもらえば、見えないような形で配線をしてくれます。
そして、車載機も外から見られてもわかりにくい場所に設置すれば、防犯の面でも心配はありません。
なお、アンテナ分離型ですと、盗聴されにくいメリットもあります。