高速道路や自動車専用道路を走る必需品

旅行など遠方に出かける場合によく利用する高速道路や自動車専用道路。これらは高速で走行することができ、快適に目的地まで行くことができます。
しかし距離を走る場合はやはりそれなりに時間がかかります。通常の道路と違うところは基本的に路肩に車を止めることができません。


女性運動04
車を止めることができるのはパーキングエリアやサービスエリアです。パーキングエリアはトイレや休憩所がありおよそ15キロごとに設置されています。
サービスエリアはトイレ、休憩所、売店、ガソリンスタンドなどがあり大きな施設となります。サービスエリアはおよそ50キロごとに設置されています。
このように通常の道路と違い、すぐに車を止めることができないので、利用する前にガソリンは十分にいれておく必要があります。
休憩は1時間から2時間おきにとるようにすることが望ましいですが、運転中は喉が渇いてきます。飲み物は用意しておくといいです。
最近の自動車にはナビが付いているものが多いですが、ない場合は必ず地図は用意しておきましょう。
予想できない渋滞が発生することがあります。特に事故や悪天候によって通行止めになるような場合もあります。急な渋滞が発生した場合、インターチェンジやサービスエリアがすぐ近くにないこともあります。
このような事態が起こった場合、簡易トイレや食べ物なども準備しておくと安心です。