デイライトとしても活躍します

デイライトとは、タクシーや運送車両が、対向車や歩行者など周囲に対して早期に自分の存在を知らせ、 事故の発生を抑止するために昼間に点灯させるライト(補助灯)のことです。車幅灯を補助灯として代用することも可能で、車幅灯も現在はLEDに変えることができるので、長時間使っても消費電力を抑えることが可能で、バッテリーへの負担が少なくて済みます。
道路交通法52・53条で、ヘッドライトの夜間点灯を義務付けていますが、 昼間の点灯は禁止していないので、昼間からヘッドライトや補助灯を付けることは、違反ではありません。
しかし、何でもかんでも補助灯をつければ安全というものではありません。
道路運送車両法の保安基準で、自動車には灯火の要件や禁止事項が定められています。
補助灯をフロントグリルやバンパーに付ける場合は、緊急車両ーと間違われないように灯光の色の決まりや点滅するものは使えません。また、眩しすぎてもいけないので、光度が300カンデラ以下で、光度が増減しない必要があります。また、位置は左右対称に取り付けなくてはなりませんので、数は2の倍数になります。
補助灯をアクセサリーのつもりで取り付けても、電球切れだと整備不良として、1点減点と反則金の支払いが科せられます。


補助灯は昼間に点灯させても対向車に支障があることはありませんが、フォグランプは、フォグ=FOG=霧のことで、霧が発生している時以外は対向車に支障があり使用するべきではありません。